カラコンの長時間使用で角膜浮腫に・・・

カラコンの長時間使用で角膜浮腫に・・・

30代女性N.Aさんの失敗談

手軽にガラッと印象を変えられるカラコンですが、注意しないと痛い目に遭うと言うことを実感しました。

 

そもそも、はじめて通常の視力矯正用のコンタクトレンズを選んだときは、酸素を良く通すかや付け心地は良いかなどにこだわって選びました。安全性を重視して、価格も高いモノを選んだのを覚えています。

 

それなのに、カラコンは色さえ気に入れば細かいことを気にせずに購入してしまったんです。もう5年くらい前の話ですが、その日は都会の方に出て夜遅くまで遊ぶ予定でした。

 

いつもよりおしゃれをして、はじめてカラコンを入れて気合い十分でした。

 

ちょっと目が乾燥するのは許容範囲かな?ぐらいに感じていたんですが、けっこう重症でした。だいたい10時間くらい付けていたでしょうか?家に帰ってレンズを取ってみるとびっくり!白目部分が真っ赤っかになっていたんです。

 

夜だったので一緒にいた友達も気づかず、何も言われませんでしたが、ずっと赤かったんでしょうね。次の日になってもおさまらず、ドライアイのようなしみる感じが続いていました。

 

あわてて眼科に行くと『角膜浮腫』と言われました。
角膜に酸素が届かないことで起こるんだそうです。

 

そのころは今ほどカラコンが出回っていなかったので、眼科の先生に『何でそんなモノ付けたの?』と聞かれて恥ずかしかったのを覚えています。幸い、じきに治りましたが、軽い気持ちでカラコンを付けたことを後悔しました。

 

確かに目に直接入れるモノですから、得体の知れないメーカーのモノは怖いですよね。
今思うと、あのカラコンはどこ製のモノで、健康被害の無いモノなのか気になります。

 

色素成分が溶け出したりしてなかっただろうか?とかね。

 

最近のカラコンは昔ほど粗悪なモノは無いと聞きますが、購入するときはきちんとメーカーや安全性を確認して、短時間の利用にとどめた方がいいと思います。

 

酸素は大事です!!あと、汚れが付いたままのモノを何度も繰り返し利用するのは絶対ダメですね。かしこく安全にオシャレしましょう!!

 

 

他の方のカラコン失敗談も見る