自分の目の大きさに合っているカラコンが一番です。

カラコン選びは慎重に

20代男性Y.Tさんの失敗談

私は現在バーでアルバイトをしています。そしてアルバイトの際には必ずカラコンをつけなくてはいけません。

 

なぜならばそのバーでは女性のお客さんが多いということもあり、女性客の皆さんに良い印象を与えるため、そしてたくさんの女性客にお店に来てもらうために、カラコンをつけることがルールとなっているからです。

 

私はカラコンをつけてアルバイトをしている中で、失敗したと感じることがあります。それは女性のお客さんに、「カラコン似合っていないよ」と言われてしまうときです。

 

そしてそういうときに付けているカラコンは、黒目が大きくなりすぎてしまうことが多いです。やはりカラコンを選ぶときには、他人から見てもらうことが一番だと感じます。

 

自分で似合っていると思っていても、他人から見たらまるでその人ではないようなイメージを与えてしまうこともあるのです。実際に私がそうでした。

 

自分で鏡を見た段階では目が大きくなったような感じがして、自分の中ではすごくイケてると思っていました。しかし実際にお客さんの目の前に出ると、「宇宙人みたい」と言われてしまったこともあります。今ではカラコンを付けたあとは必ず同僚に見てもらい、どんな感じかアドバイスをもらうようにしています。

 

そしてそのような体験を経て思ったのが、カラコン選びで大切なのは、自分の目の大きさに合っているかということです。カラコンの黒い部分を最大まで大きくした商品も販売されていますが、まずは自分の目の大きさを測る事が大事です。

 

黒目と白目のバランスが異なりすぎないよう、違和感がないように気をつけています。

 

他にもカラコンで失敗したと感じるときがあります。それはカラコンを付けることで目を傷めてしまったときです。私は以前は安い海外製カラコンを使用していましたが、今では日本製のフォーリンアイズを使っています。

 

値段は海外製より高いけどやっぱり安心感・安全性が違います。目にダメージを与えるより、お金を出して安全なものを選ぶことの方が大事だと感じました。

 

 

他の方のカラコン失敗談も見る