目の病気にならないために

目の病気にならないために

カラコンで目の病気にならないためには、
基礎的な知識を身につけて正しい使い方を守ることが必須です。

 

特に正しく洗浄を行い、装着時間を守ることに気を配りましょう。
カラコンを使う場合、必ずコンタクト用の洗浄液を用意します。
ソフトレンズならソフトレンズ用の洗浄液を使います。

 

ケアを怠けると目の病気を引き起こす原因になります。
カラコンを外して保存するための専用の保存ケースも用意しましょう。
コンタクト用の目薬も必須です。

 

普段より目が乾きやすいと感じる方も多いので、日に何度かは点眼するようにしましょう。
カラコンを付ける前に必ずレンズに傷が付いていないかを見て確認します。

 

そして、洗浄してから装着します。手のひらにカラコンを置いて洗浄液を滴らし、
レンズの表面を指の腹で20回〜30回優しくこすり洗いします。
コンタクトに触れる前に石鹸で丁寧に手を洗って目に細菌が入らないように心がけます。

 

コンタクトの表裏を間違えないように装着しましょう。
裏返しになっていると、コンタクトの縁が外側に飛び出したような形になります。

 

もしも、カラコンを裏返しにつけてしまった場合、
目がゴロゴロしますからすぐに外して保存液で洗い直してから装着しましょう。