やってはいけない事

やってはいけない事

カラコンを使う場合、正しく使っていれば、
目のトラブルになることはあまり多くありません。
カラコンを使って眼病になる方の多くは、使い方を間違えているケースが多いようです。

 

では、視力矯正用のコンタクトを付けている人がやらないのに、
カラコンユーザーだけがついやってしまう間違ったこととはどんなことでしょうか。

 

まず、重ね付けがあります。
二重にするとどんな色味になるだろうと
興味津々でカラコンを2枚重ねて使ってしまう間違いです。

 

視力矯正用のコンタクトをしている人から言わせたら、
「なぜそんなつけ方を思いつくんだろう」と驚いてしまいます。
でも、カラコンユーザーには案外、二枚重ねをしてしまう方も多いようです。

 

カラコンを2枚重ねにしたり、視力矯正用のコンタクトと
カラコンを2枚重ねにする方もいるようです。
これは、とても危険な行為ですから絶対にやめましょう。

 

他には、友人とのカラコンの貸し借りです。
「その色、いいね」、「じゃあ付けてみなよ」なんてことは絶対にしてはいけません。

 

また、自分には似合わないけど友達が欲しがっている等の理由で、
自分が1度でも付けたことのあるカラコンを使いまわしてはいけません。

 

よく洗ったつもりでも、細菌感染を起こしたり
思わぬトラブルに見舞われる原因になります。