カラコンの保存方法

カラコンの保存方法

カラコンの保存方法についてです。
カラコンを外したら、利き手で洗いますからもう一方の手のひらにカラコンを置きます。
洗浄液(保存液)を数滴たらして、人差し指で優しくこすり洗いをします。

 

こする際のポイントは、円を描くようにではなく、同じ方向にゆっくりこすります。
爪が伸びていないのがベストですが、傷をつけないように気をつけます。
20〜30回程度こすり洗いしたら、すすぎ液(保存液)ですすぎます。

 

すすぐ時間は、購入した洗浄液(MPS)によって異なるため、説明書をご参照ください。
あらかじめ清潔にしておいたレンズケースに保存液を満たしてカラコンを浸します。
カラコンが十分に保存液に浸るようにしましょう。

 

ケースの蓋をしっかりとしめて保存します。
ここまでは、やっている方が多いのですが、
たんぱく除去剤を購入して定期的に使用することがお勧めです。

 

普段の洗浄剤では十分に取り切ることのできないタンパク質汚れを取り除きます。
そして、保存容器も定期的に洗浄しますが、

 

洗浄液で洗うのではなく、水道水で洗いましょう。
保存容器は、完全に水分が飛ぶまでしっかり乾燥させます。

 

以上が一般的なカラコンの保存方法ですが、
使う商品によって多少異なる場合もありますので、説明書も合わせて参照してください。