カラコン保存液は何が良い?

カラコン保存液は何が良い?

カラコンには、使用期限というものがあります。カラコンの中には、1年間使用可能なものもありますが、長く使用出来るカラコンは、毎日の中で、正しいお手入れや保存を継続させる必要があります。カラコンを保存する際に使用する保存液は、どのようなものを選べば良いでしょうか。

 

洗浄と消毒と保存を行うことが出来るMPS

カラコンのお手入れと保存には、MPSといって、洗浄・消毒・保存を1本で行うことが出来るものがあります。カラコンを擦り洗いしてすすぎをしっかり行う必要がありますが、このプロセスをMPS1本で行うことが出来るため、毎日のお手入れを簡単に行うことが出来ます。

 

MPSを保存液として使用する際には、専用ケースにMPSを入れて、その中にカラコンを入れて保存します。ただし、MPSは、消毒効果が弱いため、真菌やアカントアメーバの消毒に関しては、効果をさほど期待できないと言われています。

 

さらに、MPSでのお手入れに適していないカラコンもあるため、使用しているカラコンが、MPSのお手入れが可能かどうかを確認する必要があります。

 

消毒効果のある保存液

カラコンの消毒方法には、煮沸消毒と専用液で消毒する方法があります。

 

カラコンは目に直接つけて使用するため、毎日の中で使用するうちに、どうしても雑菌がつきやすくなります。こうした雑菌を消毒するために、適切なお手入れが必要となります。

 

煮沸消毒は、すべての細菌を消毒することが出来る方法ですが、煮沸消毒を毎日行うのは、忙しい現代人にとっては、大変な時もあります。カラコンを消毒するには、市販されているカラコン専用の消毒液を使用すると良いでしょう。

 

中には、高い消毒効果がありながらも、洗浄・消毒・保存を1本で行うことが出来るものもあるため、このようなものを選ぶことで、毎日のお手入れがしやすくなります。

 

1本で洗浄・消毒・保存が出来るものであっても、消毒をする際には、必ず擦り洗いとすすぎが必要となり、保存液につけておくだけで消毒されるわけではないので、その点に気をつけましょう。そして、こうした消毒効果の高い保存液は、カラコンによっては、使用することが出来ない場合もあり、カラコンの消耗も早くなる場合もあります。

 

 

カラコンの保存液には、様々な特徴を持ったものがありますが、それぞれに長所と短所があります。さらに、保存液は、成分によってカラコンとの相性を考える必要があるため、こうした製品を使用する際、カラコンに合っているものかどうかを、必ず確認するようにしましょう。