カラコン日本製人気ランキング

安全な日本製カラコンはあるの??

★あなたのカラコンの安全性は大丈夫???

 

カラコンは通販でも手軽に購入する事ができますが、今ネット通販で買える商品はほとんどが韓国製か台湾製の商品になっています。

 

日本の通販サイトで販売しているから日本製だと勘違いして購入してしまった人も多いと思いますが、実は日本製カラコンではないんです。

 

過去にはこの韓国製カラコンで、カラコンに使ってる色素が漏れ出したり、こすったら色素がとれる粗末な商品だったり、無視が入ってたりという事件も数多く起きています。

 

もしかしたら、食品のも色々と問題になっているようにメチャクチャ不衛生な工場で作られているかも・・・厚生労働省でも海外製カラコンの個人輸入に関して注意喚起がされています。

 

厚生労働省のページから引用

  • 品質等について、我が国と同じレベルでの確認が行われていないことがあります。
  • 不衛生な場所や方法で製造されたものかもしれません。
  • 安全性などを標ぼうして販売等されている場合があります。

 

2014年5月23日にはこんなニュースも…

▼国民生活センターが行った調査結果

 

人気カラコン16銘柄を10人ずつに8時間つけてもらって、目への影響をテストした結果…。
そのうち15商品で角膜に傷がついたり、使用中止が必要なくらい重い障害が発生した。

 

中にはカラコンの着色剤がすぐ色落ちしてしまうものや国の基準に適合していないものもあったようです。やはり韓国製や台湾製のカラコンは良くない結果だったようです。

 

今回の調査結果で1つだけ大丈夫だったカラコンがが、コンタクトレンズで有名なジョンソン&ジョンソンのワンデーアキュビューディファインだったようです。

 

安全性を重視するならやはり日本製のカラコンか今回の調査で大丈夫だったワンデーアキュビューディファインを選ぶのが良い選択ですね。

 

日本経済新聞の記事

 

よく雑誌とかで紹介されたり読者モデルが愛用しているカラコンも韓国製や台湾製がほとんどです。目に入れる物だから安全性の低いカラコンを使わないようにしましょう。

 

日本製カラコンは1種類だけある

 

品質が良いのは、やっぱり国産です。2014年5月現在では、日本製カラコンはフォーリンアイズ1種類だけとなっています。その他はほとんど韓国製とか台湾製なので注意を!

 

 

上記のフォーリンアイズが日本の工場で生産されている唯一の日本製カラコンです。日本初の国産カラコンとしてニュースにも取り上げられました。

 

海外製のようにカラーも19色と豊富でサンドイッチ製法(色素をサンドイッチしてるので漏れ出したり落ちる事がない)で作られているので最も安全なカラコンといっていいと思います。

 

これからカラコンを購入する人や、最近カラコンの危険性を知って安全なカラコンをお探しの方は、日本製カラコンかワンデーアキュビューディファインを選ぶようにしてください。


日本製(国産)カラコンはコレだけ!

Fall in Eyez(フォーリンアイズ)

日本初の国産カラコン!報道番組でも特集!



フォーリンアイズは日本初の国産カラコンで、今ある全てのカラコンの中で唯一の日本製で安心安全。サンドイッチ構造で作られ品質の確認および安全性試験も万全。また、マイメロ・キティとコラボのカラコンがあったり、全部で35種類もあるので好みのカラコンが見つかります。

価格

度あり(2枚):4,630円(税込)(※送料600円)
度なし(2枚):4,630円(税込)(※送料600円)

直径と使用期限

直径:14.0mm、使用期限:1ヵ月

カラー

ハニーブラウン・サファリ・サクラピンク・ボビー・エクリプスブラウン・ココブラウン・ブラウンブラック・アメジスト・アズール・クラウディア・キャメロン・トゥイーティーブラウン・ミニハニー・ミニボビー・ミニクラウディア・ミニサファリブラウン

海外製だけど安全なカラコン

ワンデーアキュビューディファインモイスト

あの有名なジョンソン&ジョンソンの製品



アメリカ・アイルランド製でコンタクトでも有名なジョンション&ジョンソンのワンデーアキュビューディファインシリーズ。UV機能付きやワンデーアキュビューの付け心地と快適さがそのままなので瞳に安全。ワンデータイプなのでケア不要でいつも清潔なレンズを使用可。

価格

度あり(30枚入):2,950円(税込)(※送料525円)
度なし(30枚入):2,950円(税込)(※送料525円)

直径と使用期限

直径:14.2mm、使用期限:1日(ワンデー)

カラー

アクセントスタイル・ヴィヴィッドスタイル・ナチュラルシャイン

 

安全なカラコンと安全な使い方

1.カラコンの製造方法に注意する

各カラコンは色々な製造方法で作られています。

 

サンドイッチ製法

レンズとレンズの間にカラコンの着色料を流し込んで挟んでいるもので目に着色料が触れることがないので最も安全性が高いと言われています。

キャストモールド製法

レンズの元である素材と着色料を機器で混ぜてからレンズを製造する方法。薄く作れる分つけ心地が良くなっています。

セミキャストモールド製法

レンズの外側だけを着色料で染めて、その上に特殊ポリマー素材で覆うようにつくる製法です。ある程度薄く作れます。サンドイッチ製法とキャストモールド製法の中間といった感じです。

スピンキャスト製法

回転する皿状の窪みにレンズの素材を流し込んで遠心力で形を作る製法。回転中にカラコンの着色料を流し込んでレンズ内部に着色料が入ります。普通のコンタクトレンズでよく使われている製法です。

 

一番安全性が高いのはサンドイッチ製法で作られたものです。
きっちりとレンズでサンドするので最も不具合が起きにくい形です。
眼科医で売っているものも多くがこの製法になっています。

 

ただ、現在のカラコン製法はどれも安全性は高いので
それほど心配する必要はないでしょう。

2.使用期限を守ってケアをちゃんとする

カラコンには使用期限があります。まだ使えるからといって使用期限を超過しないようにしましょう。長期間使えるカラコンの場合は毎日コンタクト洗浄液を使ってしっかりと汚れを落としケアしましょう。汚れが付いたままだったりケアを怠ると不衛生で眼病のもとになるので注意が必要です

3.できるだけ装着時間を短くする

カラコンに限らずコンタクトレンズもですが、やっぱり長時間装着する事は目の健康に良くありません。できるだけ装着時間は短い時間にしましょう。外すのが面倒だからといって付けたまま寝てしまったりなんてのは厳禁です。眠くてもしっかり外してから寝ましょう。

こんな事件も起きています

2013年10月に起きた事件

医療機器として承認を受けていない韓国製カラーコンタクトをWEBサイトで販売していたとして
大阪市の輸入代行会社を家宅捜索したという事件。カラコン業者の摘発は異例。
インターネット通販で買えるもの中には海外の未承認品が少なくないとみられ、
専門家は注意を呼びかけているとの事。

カラコンを通販で販売するには医療機器として国が承認している必要があるのですが
未承認のカラコンを販売していたという事ですね。
こういうのを買ってしまうのがが一番危ないです。

2012年9月に起きた事件

韓国の食品医薬品安全庁が市中に出回っているカラコン(60製品)を検査した結果、
約10製品で色素溶質や細胞毒性が見つかったという事件。
在韓の日本大使館が韓国のカラコンについて異例の注意喚起を行っています。

眼粘膜刺激を起こす恐れがあるという事で販売中止となりました。
韓国カラコン本当に怖いです。もちろん全ての韓国製や台湾製カラコンが危険という事ではなく

 

特に怖いのは高度管理医療機器として承認されていないカラコンですね。
値段が安いからという理由で買うのではなくカラコンを選ぶ際は安全性というのを
しっかりと考えて購入するようにしましょう。